おそらく、毎年言ってます(笑)
どうにかならんものでしょうか。

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

さて、みなさま。
まずはこの写真を見てください。
男子団体戦の決勝戦。
羽黒(山形)vs東北(宮城)
選手入場のシーンですね。

とても感動した決勝戦でした。

・・・ではなくて。
監督・選手の足元を見てください。
3-1
限定生産で発売された、ミズノの
ウェーブエクシードOCですね!
ユニフォームのカラーともマッチしてて
とてもいい感じのコーディネートです。

ラフィノはオーダーしていなかったので、
1足も入荷してきていません(笑)

・・・いや、そうでもなくて。

選手全員が同じシューズを履く。
異常な光景としか言いようがありません。

それぞれ足の形が違うはずなので、
このシューズが全員の足にピッタリと
フィットするなんて到底思えない。

テニスシューズはユニフォームとの
コーディネートを重視してしまう、
まだまだそんなレベルでの意識なんです。

これに関しては、選手も学校も悪くない。

インターハイはソフトテニスにおいて
一番注目されている大会と言っても
過言ではないですね。

なのでメーカーとしては
ビッグチャンス。

強豪校が身につければ、さらに注目も上がる。

ただ、選手の体への負担を考えたら、
よろしくはない選択になります。

ここがとても難しいところなんですね。

先日行われたテニスの四大大会。
ウィンブルドン選手権の決勝。
M.チリッチ選手は足のマメを潰し、
ベストな状態でのプレーが困難に。

原因は靴ずれによるものでした。

どんなシューズを履いても靴ずれは
起こると思われがちですが、
正しいシューズの選択、履き方、
靴紐の結び方などをしっかり
熟知していれば、足に異常が出る
確率は大きく下がります。

みなさんのシューズ選びはどうでしょう?
デザインだけで選んでませんか?
ゆったりしすぎたもの選んでませんか?

いま一度、見直してみてください。
ラケット選びもストリング選びも
とても大事なことですが、
シューズ選びは選手生命にも関わってきます。

初心者だろうと上級者だろうと、
レベルに関係なく、ギア選びは
しっかりと行いましょうね!

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ