こうやって見ると
道具の進化ってすごい!

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

プレミアムフライデー!

まだ忘れてません(笑)
ほとんど関係はないですけど。

テニス(硬式)をしてきた人、特に男性には、
一度は憧れた事があるであろうラケットがあります。

"PRO STAFF (プロスタッフ)"

29-1

ウイルソンの名機。
「PRO STAFF MID」
が現代に蘇りました。

「PRO STAFF RF85」
RFは"ロジャー・フェデラー"から
取られています。

85平方インチ・フレーム厚17mm
そして、ラケットに使われている素材も
防弾チョッキなどに使われる「ケブラー」
当時の素材がそのまま使用されています。

29-2

※上が97平方インチ、下が85平方インチ

現在の硬式テニスラケットの主流が
100平方インチと言われていますので、
85平方インチはとても小さい事がわかります。

29-4

※上が26mm、下が17mm

黄金スペックと言われるラケットは
フレームサイドの厚みが26mmあります。

それを考えると、このラケット全然、
ラケット自体のパワーがありません。

このスペックでテニスをしていたんですから、
この30年でラケットもプレーも
大きく変わっているわけですね。

ソフトテニスラケットで言うところの、
これだと想像しやすいでしょうか。

29-5

打球面積が"79平方インチ"でした。
今のプレースタイルの主流が
90平方インチですから、
すごいもの振り回してましたよね!

各メーカーの後衛向け最上位機種でも
85平方インチになりました。

80平方インチというラケットも
無くなってしまっていますから、
ソフトテニスも色々と
変化と進化しているわけです。

ということは、
指導法も変化と進化がないと
おかしいってわけですよね。

PRO STAFF MIDが全盛の時代と、
今とでは打ち方もだいぶ変わりました。

変化と進化を上手く感じ取って、
プレーヤーも指導者も
変わっていかなくてはいけませんね。

11-1

ちなみに、こちらは
PRO STAFFシャツを着ている
浦安の看板娘(笑)です。

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ

ソフトテニスグッズのお買い物は
↓↓↓↓↓

<ソフトテニスショップラフィノ>