だって専用だもの。

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

大学生以上になると
クレーで試合すること
そんなに無いんじゃない?

おそらく、ソフトテニスプレーヤーの
ほとんどは<砂入り人工芝&クレー>用の
兼用シューズを使っている事でしょう。

もちろん、インドアでやる場合は
オールコートだったりすると思いますが、
これは日本のテニスコート事情が
大きく関係しているわけです。

砂入り人工芝(オムニ)のコートって
海外じゃほとんど見かけないんですよね。

日本は"梅雨"があり、非常に雨が多い。
そのため、多少の雨でもプレーができる
砂入り人工芝コートが普及してきたわけです。

そんな日本人のために作られたシューズがコレ。

9-1


オムニって言っちゃってるし(笑)
その名の通り、オムニコート専用シューズ
砂入り人工芝のコートで抜群のグリップ力、
そしてプレーヤーの足に優しい設計です。

9-2

しっかり掴んでくれるので、ストップ性抜群。
よく見ていただけるとわかると思いますが、
イボイボの部分、場所によって大きさが違います。
さらに横から見ると、断面の角度が場所によって
少しずつ違うんです。

砂入り人工芝コートを研究し尽くした
こだわりの結晶のような一品。


ただ、スライドするのが好きな方は
慣れるまでコケると思います(笑)

私はスライドさせるの好きではない(疲れる)ので、
こういうしっかりとグリップしてくれる
ソールはものすごく安心感があって良いです。
ただ、私の足には合いません(汗)

しかし、さすが世界の靴屋・アシックス。
他にもオールコート専用(今はもうない?)、
クレーコート用のシューズもあったりします。

このクレーコート用のシューズですが、

9-3

アウトソールはこんな形状をしています。

"ヘリンボーン"と呼ばれる、波状の模様が
印象的ですが、今後はこの形をたくさん
見かけるようになる"かも"しれません。

特に海外ブランドのメーカーは、
ほとんど日本にしかない砂入り人工芝向けの
シューズを作り続けるメリットが
無くなってきているのと、ヘリンボーンの
ソールでも砂入り人工芝である程度対応
できてしまうというところで、
こちらに切り替わる可能性は大いにあるわけです。

ソフトテニスプレーヤーの中高生の多くは
学校のコートがクレーコートでしょうから、
<砂入り人工芝7:クレー3>くらいの比率の
兼用シューズより、ヘリンボーンの方が
実は良かったりするのかもしれませんね。

今後の動きに注目したいと思います。

あと、こちらの動画もご参照ください。


個人的にはクレーコートが一番好きです。
なぜかって、疲れにくいから(笑)

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ