自分のプレーを最大限に発揮できるか
ここで決まってしまうかも!?

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

自分が部活指導で教えている子(中学1年生)も
そろそろ新しいラケットが欲しくなってる模様。

この子達の場合は、自分が色々と道具に関して
アドバイスをしているので、
間違えてしまうことはほぼ無いのですが。。

「近くのスポーツ店でラケット買いました!」

「張り上げは30ポンドにしてもらいました!」

たまにいます。こういう子。

『なんで30ポンドで張ったの?』

と聞くと、

「このラケットの平均が30なんですって!」

って。

1

確かに、25〜35って書かれてたら、
真ん中で張りたくなってしまうのも
わからなくも無いですね。

どのくらいで張ったら良いかわからない時は、
とりあえず真ん中で張っておこう説。

しかし、力のない子が30で張ったら。。。
しかも、冬場のボールが飛ばない時期に。。。

鉄板ですよ!
鉄板ですっ!!

ラケットには"適正テンション"なるものが
あるんですけど、これはあくまで参考値。

上限以上で張り上げてしまうとラケットに
大きな負担がかかってしまい、
壊れた時に保証外になってしまうかも
しれない事がありますが、
下限に関しては、これより低く張っても
全然問題が無いわけです。

2

ちなみに、ULよりも軽いUXLの場合、
数値が少し低めに設定されていますが、
別に20ポンド以下で張ってもいいわけです。

自分のプレーが十分に発揮できる
ストリングの種類と、張り上げの強さを
見つける事ができれば、よりプレーが楽しくなる。

細かい部分ではありますが、
頭に入れておくと張り替え時にも役立ちますよ!

それでもわからない時は、
気軽にご相談くださいね!

ツイッターで質問箱もやってます!


気軽に聞きたい時はこっちがいいかもですね!

ネットショップにもお問い合わせフォームを
設けていますので、こちらからも!


お気軽にご質問ください。

お買い物もラフィノでお願いしますよー!


それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ