ここで◯◯◯◯のラケットを
紹介してみようかなって思ったり。

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

なんとなーく始めたアンケート。
しかし、結構リアルな感じになってるような。。


※投票すると結果が見れますので、
ポチッとしてみてください。

現時点で370票ほど。

もっと票数がないと指標としては確立されないと
思いますが、それでもこの結果で十分、
現状がわかってしまったような気がしなくもない。

メーカーさんが見たらショックを受けるかも。

しかし、これは受け止めないといけない。
そしてこれ以上差が広がってしまうと、
対抗するラケットメーカーが撤退しかねない。

そんなわけで今日は、
パーセンテージが低いメーカーでも
こんな面白いラケットあるんだよ!ってことで、

<ゴーセン>

にスポットを当ててみようと思います。

メインに展開されているのは、この3機種。

SRCETS_1

<カスタムエッジ タイプS>

このSタイプはその名の通り、
ストロークプレイヤー向けのモデルです。

スペックがものすごくZZを意識して
作られていますが、まぁその通りです(笑)

カスタムエッジにの前身のモデル、
"飛隼 雷弓(ひしゅん らいきゅう)"の時から
人気のモデルだったりします。

SRCETV_1

<カスタムエッジ タイプV>

こちらもその名の通り、ボレーヤー向けモデル。

スペックを見ると・・・そうです。
TSを意識して作られたモデルだったりします。
もうね、隠す必要ないからガンガン言ってますけど(笑)

タイプSと同様に、前身のモデル、
"飛隼 風弓(ひしゅん ふうきゅう)"の時から
人気のモデルですね。


SRCETX_1

<カスタムエッジ タイプX>

後衛主体のオールラウンドモデルになりますが、
正直、このラケットが一番いじりやすい。

飛隼シリーズの時にはこのスペックはなく、
カスタムエッジになってから登場しました。

そもそも、カスタムエッジは
これが最大の魅力なんですよ。

1

2
自分好みにスペックを変えられます。

そうです。
自分で別注状態のラケットに仕上げられます。

この発想は面白いと思うんですが、
もう少しラケットの選択肢が増えると
一気に爆発するような気がしなくもないです。

飛隼の路線でもう一回やってほしい(笑)

剛戦なんてネーミングのガットがありますから、
ラケットも漢字ってのは、中学生の男子の
心をものすごく、くすぐると思うんですよ(笑)

今後の展開に期待してます。

最近は完全にガットとウェアの
"糸モノ"製品に力が入ってますからね。

・・・ラケット作るのも簡単じゃないですが。

密かに期待をしてます。

そんな感じで好き勝手に書いた今回のブログ。
この辺でお開きにしたいと思います。

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ


※もっと遡れば、ルーツシリーズだったり
名品ラケットがたくさんあったゴーセンさん。
もう一回、盛り返してもらいたいですね。