お待たせしたかどうかわかりませんが、
待ってなくても勝手に解説します。

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

話を聞く限りでは
前作ほど硬く感じなさそう。

そんなわけで、
Fレーザー9の性能に関して
聞いてきた話と見てきたものから
ちょっと解説をしてみたいと思います。

FLR9_5

まずは1番のスイートエリアのお話。

画像の色がついた部分で見てわかる通り、
フェイスの上部は広く、下に向かうにつれて
スリムな形状になっています。

このFレーザー9はVタイプもSタイプも
打球面積は85平方インチですが、
フェイスの上部は90平方インチと同じ
広さを持っている、という事でした。

90平方インチと同じような
弾きが出せるのは嬉しいですね。

そして、2番目のストリングスパターン

これは前作のレーザーラッシュ9と同じ
メイン16本×クロス19本。
本数が多いので目が細かく反発性に優れます。
その分、ちょっと硬めに感じるのよね。

続いて、3番目のシャフト部分

ここにはネクシーガ90Dから採用されている
「Namd」というカーボンが搭載されています。

鉄板みたいだった90Dが少しマイルドに
なりましたからね!Namdすごいっす!!


Namdに関してはこちらの動画で
モリモリくんが体を張って説明していますので
こんな感じなんだなーと思ってください(笑)

最後に、4番の上部のフレーム形状

この部分は7や5シリーズとは異なる
新形状のようです。
打球時にたわみ易く、感触がマイルドになる。

・・・マイルド(笑)

自分もよくマイルドって表現使いますけど、
たまに伝わってるのか不安になる。。
クリーミーとはまた違う(笑)

前作の9シリーズは本当に硬かったので、
そういう意味では使い易くなってそうですね。

FLR9S_1


FLR9V-1


早くもご予約を頂いております!
いやぁ本当にありがたい。。。

値段で調べればうちより安いお店も
出てきますけど、
それでもラフィノを選んでくれた事に
感謝の気持ちで一杯です。

下げようと思えば下げられなくはないですが、
メーカーさんのブランド価値も含めて
こういう部分はしっかりとしたいと
思っていますので、
ご理解いただければと思います。

さぁ、明日は「千葉県民の日」
ラフィノは…通常営業です!

高校までの学生さんは
学校がお休みになると思いますので、
夢の国行くついでにラフィノへ!

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ

1years