ゆるっとオキブロ 【軟・庭・魂】

テニスプロショップ ラフィノのスタッフ沖本がソフトテニスの情報を、基本ゆる~く、時に真面目にご紹介するブログ(になる予定)です。

大会情報

"梅雨の中休み?休んでばっかじゃないですか"

今年の夏は猛暑らしいので
しっかりダムの方に
雨が降ってくれることを祈ってます。。

こんにちは☆
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

昨日から、このラケットしか目にしてません。

23-1

ウイルソンの限定テニスラケット。

下のオレンジカラーのラケットは、
錦織圭選手も全仏オープンテニスで
使用していたモデル。

そう、思いっきり破壊されたラケット(苦笑)

みなさん、イライラしてても、
ラケットには当たらないように(笑)

このラケット、何が限定なのかって?
実は通常のモデルとカラーリングが
逆転しているんです。

23-3

23-2

…おわかりいただけただろうか(←言いたいだけ)

なかなか面白いアイデアですね。
ソフトテニスの市場だとあまりない企画。
こんなのもありますよ!ってご紹介でした。

ソフトテニスのラケット開発の特徴として、
新発売から1年〜1年半後に新色が発売され、
その1年半から2年後くらいにニューモデルに
移行するパターンが多いです。

スリクソンはダンロップの時代から
マイナーチェンジを行う事が結構あります。
※マイナーチェンジとは→【こちら】

私の使用している"Xyst TS"
3代目から4代目に切り替わる時に
素材の変更がありました。
これもマイナーチェンジでしょうか。

Xystシリーズ全体のカーボンの素材が変わってしまい、
ガッツリ硬いXystの印象にマイルド感が
加わってしまったので、
だいぶ反発の声があったのを覚えています(笑)

変化をさせるのも、受け入れてもらうのも
簡単ではないですね。

〜 BREAK TIME 〜

23-4

〜 BREAK TIME 〜

さて、北の大地・北海道で開催されている

「ゴーセン杯争奪 ハイスクールジャパンカップ」

競技1日目(男女シングルスベスト4まで)が終了しました。


明日は、シングルスの残り試合と、
ダブルスの予選リーグまでが行われる予定です。

観戦に行かれる方、お土産よろしくお願いします(笑)

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ


※ソフトテニスクエスチョン実施中


"北海道に行きたい。今すぐ北海道に行きたい"

でも飛行機が苦手。。
ふわっとする感じ、ダメ。。

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

今日は硬式テニスの限定ラケットの入荷があり、
朝から手配にてんやわんやでした。。
そりゃ、錦織選手の使用モデルで、
しかも限定生産ときたら、人気集中ですよね。

明日も、なんかたくさん荷物が入って来そう。。

さて、沖縄が梅雨明け宣言した今日。
北の大地、北海道では高校生プレーヤーの
熱い戦いが始まろうとしています。

22-1

『ゴーセン杯争奪 ハイスクールジャパンカップ』

略して"ハイジャパ"ですね!

インターハイを約1ヵ月後に控えたこの時期に、
インターハイの前哨戦とも言われているこの大会。

この大会で上位に進出したペアは
インターハイの大本命ともなる大会です。


大会会場である「札幌市円山総合運動場」は、
全仏オープンテニスのローランギャロスの
レッドクレイをイメージさせる
"人工クレイコート"を採用しています。

これは、広島翔洋コート(広島市中央庭球場)にも
施行されている"ガーネットクレイ"という
人工のクレイコートなんですね。


一度、ここでプレーしてみたいんですが、
なかなか近くにこの人工クレイコートがなく、
…あれ?国府台にあるぞ?( ̄▽ ̄;)

大学のコートじゃ勝手に使えないですが、
前々からものすごく興味があるコートです。

うちの学校も、これにしてくれないかな(笑)

ハイジャパ、見に行かれる方は
楽しんできてください。
あぁ、新鮮な海鮮料理が食べたい…。

高校での現役生活もあと少し。
頑張れ!出場選手たち!

それでは、疲れたので私は帰ります。。。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ

"予定が狂ったエイプリルフール"

早いもので、入社して丸5ヶ月です。

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

今日は朝から完全に予定が狂いました・・・。

全日本女子選抜を見に東京体育館に行く予定が、
起きたのが10時30分。
ここまではミスを取り返せる範囲。
しかし、頭痛+腰痛で布団の上で苦しむ(笑)

今日は夕方から友人との集まりがあるので、
これは安静にしておこうと、2度寝をします。

起きたら16時。。。

腰痛はある程度改善。
しかし、頭痛が。

やっぱり天気の悪い日は体調が微妙です。

せっかく久々にお酒を付き合おうと思ってたのに、
泣く泣く鎮痛剤を飲んでお酒を回避する事に。

1-1

1-2

飲み屋に行って飲めないのは辛いですね。
しかも飲む気だったし。

とりあえず、女子選抜の1日目の結果は
この方のツイートでお知らせを。

教え子が中学生時代に戦った事のある選手が、
新メンバーとして加入してたりしたので、
見に行きたかったんですけどね。
ひとまず1日目は抜けたようなので、
明日も優勝目指して頑張って欲しい。

明日は女子のシングルス・ダブルスの決勝トーナメント
男子のシングルス・ダブルスの決勝トーナメントと、
入場者(先着)に抽選会で豪華商品が当たるチャンス!

お時間のある方は是非、東京体育館へ!

28-1

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ

22-2


"さぁ会場へ行こう!"

入場無料は嬉しい。

こんにちは☆
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

昨日は朝も夜も道路が大渋滞…。
船橋店に荷物の移動があったのですが、
いつもは30分ほどで着く道が2時間コース。

交通情報で確認したら、どの道路も真っ赤っか。
これは、諦めるしかないですよね。

19時半頃浦安を出て、着いたの21時半。

恐るべき年度末( ̄▽ ̄;)

道路工事にイライラしたらダメですよ!

さて、今日はこの大会のお知らせ。

28-1

今週末に東京体育館で行われる
「第62回 全日本女子選抜ソフトテニス大会」

そして、今年から正式に開催されることとなった
「第1回 全日本男子選抜ソフトテニス大会」

記載の通り、4月1日(土)2日(日)に開催されます。

出場選手はすでに発表されています。

28-2

28-3
4月1日(土)は女子シングルス、ダブルスの予選まで。
4月2日(日)は男子大会と女子の決勝トーナメント。

前年は男子のナショナルチームが
エキシビジョンマッチを行なって大好評だったのもあり、
今年から男子選抜大会が新設されたみたいですね!

そして、4月2日は抽選会もあります。

何ですかこの大盤振る舞いは!!

年度始めの忙しい時期ではありますが、
観戦に行ける方は春の大会前にレベルの高い試合を見て
いいイメージをするのも大事かと思います。

お時間のある方はぜひ会場へ!

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ

22-2

"伝説はまだまだ続く"

決勝も熱い試合でした!!

こんばんは★ ラフィノオッキーナ沖本です( ̄∇ ̄)/

前回の最後にも書きました通り、
今回は全豪オープン男子シングルス決勝のことを書きます!

29日は色々と濃い1日になりました。
自分としては、久しぶりに自分の教え子を連れて白子で試合ができた。
そして、大阪では全日本インドアが開催されていて、速報が面白い。
さらに、夕方からは全豪オープン男子シングルスの決勝。

白子での強化練習が終わったのが16時頃。
そこから、サンスマイルさんに寄って、少しお話をして、
家に帰って来たのが、7時すぎでした。
確か、第3セットが終わって、第4セットに入るくらいだったでしょうか。

そこからは、スマホにかぶりつき状態でした。
WOWOWには加入していないので、オーストラリアンオープンの
オフィシャルサイトから見ることができるライブ中継で。

試合はですね、皆さん結果知ってると思いますけど。

30-6

素晴らしいスクショが撮れたのに、ミスったの図。

そうです。フルセットの死闘は、3−2でロジャー・フェデラーの勝利!
ファイナルセットの第1ゲームでブレイクされた時は、
ちょっとヤバいんじゃないの!?と思いましたが、
ゲームが進むごとに集中力が増していくロジャー。
リードを守りたい、粘るナダルを追い詰めていく。
そして、第6ゲームでブレイクバックでタイに持ち込んで、
すぐさま第7ゲームでナダルのサービスゲームをブレイク!
そこから最後の第9ゲームまで連続ゲーム奪取で、優勝を決めました!

30-1

30-2

30-3

30-4

この二人の対決が嬉しすぎて、スクショしまくるの図。

そして、優勝カップにキスをする画が上手く撮れたので、

30-5

欲張った結果がこれ。

30-6

そして、カップを持ち上げるところを撮りたかったのに、
やっぱり失敗したのが、これ。

30-7

おわかりいただけただろうか。
そう、スマホの充電が1%減っているのである。

3時間31分の激闘は、ロジャー・フェデラーが勝利しました。

R.Federer 3-2 R.Nadal (6-4 3-6 6-1 3-6 6-3)

8年ぶりのグランドスラム決勝での激突でした。
前回の対戦は、ナダルがフルセットでフェデラーに勝利。
そして、今回はリベンジを果たした格好となりました。

フェデラーは昨シーズンの半分以上を怪我とリバビリで棒に振り、
ナダルは長年、膝や手首の怪我と戦いながらここまで帰って来ました。

もちろん、上位プレーヤーが早々にシードダウンしたのも
ありましたが、それでもここまで勝ち上がるのは至難の技。

両選手には、大拍手でしたね!

こういう、華やかで盛り上がりの大きな大会を見てしまうと、
ソフトテニスの将来に危機感しかないのですが、皆さんはどうでしょう。

有名な競技にならなくてもいいという考えもありますが、
やはり、オリンピックで大盛り上がりの他のラケットスポーツを見ると、
やっぱり悔しい気持ちと羨ましさがありますよね。

自分は、自分の立場で何をしていくことができるのか。
日々、模索しながら過ごしていきたいと思います。

微力であろうと、何かの力になれれば。。。

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄∇ ̄)ノシ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場