ゆるっとオキブロ 【軟・庭・魂】

テニスプロショップ ラフィノのスタッフ沖本がソフトテニスの情報を、基本ゆる~く、時に真面目にご紹介するブログ(になる予定)です。

ギア選びの極意

"グリップを細くしたんだってばよ!"

そんなお悩み相談が来たので、
お答えしたいと思います。

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

お昼ご飯を食べ終えて、
宮原知子選手坂本花織選手
演技の得点だけ確認をして、

「これはシエスタから目覚めたらメダルかな」

と思いながら夢の中へ。

起きて結果を見ると、宮原選手が4位。。

最終グループの1番滑走で渾身の演技を見せ
後の選手にプレッシャーを与えたと
思ってたんですけど、上回ってきましたね。

さすが、世界最高峰の戦い。
そして優勝したザギトワ選手は15歳。

おそロシア・・・。

あ、違う。

おそOAR・・・。

日本の代表選手もよく戦いました。
冬季オリンピックも残り数日。

最後までしっかり応援しようと思います。

"うん、いいと思うー"
"そだねー"

さて、Youtubeチャンネルの方に
質問コメントが来たので、
それを今日のブログネタに持って来ました。

「グリップを細くしたい・・・」

ネクシーガ50Sのグリップを細くしたいとのこと。
50Sだと0番か1番なので、
1番でちょっと太かったのかなと推測されます。

オーバーグリップの極薄タイプを
巻くという方法もありますけども、
きっとすぐ穴が空いてしまうと思うので、
私はこちらをオススメしたい。

AC127_1


ネクシーガシリーズに巻かれている
リプレイスメントグリップの厚みが
1.6mmなのに対し、カスタムシングリップは
1.2mmとだいぶ薄くなります。

目安として、1グリップダウンする
言われている元グリップです。

リプレイスメントグリップを外して、
アンダーラップを巻いて、
オーバーグリップを巻く方法もありますが、
個人的にはこっちの方がいいかなと。

グリップが太いかな?と悩んでいる方は
試してみて頂けたらと思います。

他のリプレイスメントグリップも
掲載しましたので、こちらもどうぞ!


さて、1週間頑張りました!
土日はまたテニス三昧かな。
怪我しないように気をつけたいと思います。

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ

"ストリングの張りで注意すること"

自分のプレーを最大限に発揮できるか
ここで決まってしまうかも!?

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

自分が部活指導で教えている子(中学1年生)も
そろそろ新しいラケットが欲しくなってる模様。

この子達の場合は、自分が色々と道具に関して
アドバイスをしているので、
間違えてしまうことはほぼ無いのですが。。

「近くのスポーツ店でラケット買いました!」

「張り上げは30ポンドにしてもらいました!」

たまにいます。こういう子。

『なんで30ポンドで張ったの?』

と聞くと、

「このラケットの平均が30なんですって!」

って。

1

確かに、25〜35って書かれてたら、
真ん中で張りたくなってしまうのも
わからなくも無いですね。

どのくらいで張ったら良いかわからない時は、
とりあえず真ん中で張っておこう説。

しかし、力のない子が30で張ったら。。。
しかも、冬場のボールが飛ばない時期に。。。

鉄板ですよ!
鉄板ですっ!!

ラケットには"適正テンション"なるものが
あるんですけど、これはあくまで参考値。

上限以上で張り上げてしまうとラケットに
大きな負担がかかってしまい、
壊れた時に保証外になってしまうかも
しれない事がありますが、
下限に関しては、これより低く張っても
全然問題が無いわけです。

2

ちなみに、ULよりも軽いUXLの場合、
数値が少し低めに設定されていますが、
別に20ポンド以下で張ってもいいわけです。

自分のプレーが十分に発揮できる
ストリングの種類と、張り上げの強さを
見つける事ができれば、よりプレーが楽しくなる。

細かい部分ではありますが、
頭に入れておくと張り替え時にも役立ちますよ!

それでもわからない時は、
気軽にご相談くださいね!

ツイッターで質問箱もやってます!


気軽に聞きたい時はこっちがいいかもですね!

ネットショップにもお問い合わせフォームを
設けていますので、こちらからも!


お気軽にご質問ください。

お買い物もラフィノでお願いしますよー!


それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ

"張り方でどう変わる?ただいま準備中!"

"前衛""後衛"のポジションが
あるからこその提案ですね!

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄∇ ̄)/

ヨネックスさんの2018年春夏モデルの
カタログにも掲載されましたが、
大会会場などのメーカーブースの
ストリンギングサービスでも
すでに行われている新しい張り方、

1


ストローカー(後衛)向けプレーヤーの
意見を取り入れて開発された張り方。
それが【S張り】

ボレーヤー(前衛)向けプレーヤーの
意見を取り入れて開発された張り方。
それが【V張り】

ラフィノでも導入に向けて
ストリンガーが練習中です。

張り方に関してはいろんな希望が
プレーヤーさんからもあると思うので、
できるだけご要望には沿えるように。

今後は通販での張り替えも
導入できるように準備しています。

少しでも、全国のソフトテニス
プレーヤーさんのお力になれれば
嬉しいですね!

これからも少しずつ
頑張りたいと思います。

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ

"テニス界に衝撃が走る!(走った"過去形")"

いや、一番衝撃が走ったのは
ラフィノのスタッフかも。

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄∇ ̄)/

昨日の夕方、
ぼけーっとしてたところに(仕事しろ)
衝撃的なニュースが!

1
<ゲルレゾリューション・ノヴァク>

元・世界1位のジョコビッチ選手が
日本が誇る世界の靴屋さんの
アシックスと契約を結びました。

昨シーズンは怪我との戦いだった
ジョコビッチ選手が
最強のパートナーとタッグを組んで
まもなく始まる全豪オープンを戦います。

2

ジョコビッチ選手のマークも入って
特別感が出てて良いですね!

このシューズと同じ型のモデルがこちら。

3

そして、レディースモデルがあるのも嬉しい。

4

かかと部のホールド感
他のシューズと全く違います。

そう、シューズで一番大事なのは
かかとが合っているかどうか。

いくら足長と足囲を合わせて
完璧だと思っても、
かかとが合ってないと
全てが台無しになります。

「シューズ選びは時間がかかる」
のではなく、
「シューズ選びは時間をかけるべき」
なんです。

さぁこれからアシックスの
注目度が変わって来ます。

私もアシックス推しを強めて行きます(笑)

『本気ならアシックス』

楽しくなって来そうです。

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ

"Xystはもう時代遅れのモデルなのか!?"

ご相談をいただいたので
色々考えてみました。

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄∇ ̄)/

「ミズノのラケットってどれがいいんですか?」

って言われると、一瞬、悩みます(笑)

・Xyst ZERO (弾き&掴み)
・DI (掴み)
・Xyst (弾き)

こうやって見ると、シリーズは特徴が
バラバラにはなっているので、
まずはお客さんに色々と聞き取り調査。

・どういうプレーを望むのか

これを聞き出せれば、大体絞れます。
絞った中で何機種か候補を出す。
で、迷ったらまた会話する。

接客は会話のキャッチボールをしながら、
求めているものをどういう言葉で
引き出して、聞き出すかが重要です。

話すのが苦手な方もいらっしゃいますが、
上手くほぐしてあげられれば
情報は頂くことができます。

そんな中、こんな質問。

「正直、今の時代、Xystってどうなの?」

63JTN51162-1


硬めの打球感ではありますが、
元祖・弾き系ラケットのXystは十分、
今のテニスでも通用すると思います。

最近のラケット使うと、
今はこんなすげーことになってるのか!と
ビックリする事も多いですが(笑)

Xyst全盛の時代は、張り上げのテンションも
高テンションが主流だった事もありますが、
今はどちらかというと"ゆる張り"が主流に
なっている事もあるので、
それを考えると弾き系ラケットは
ものすごい攻撃力になると思うんです。

ZZに40ポンド超えの選手とか
女子でもたまにいましたもんね(笑)

そういう意味では、もう一回注目を
浴びてもいいシリーズだと思うんです。

「Xyst × ゆる張り = ◯◯」

ちょっと試してもらいたい組み合わせ。
皆さんもいかがですか?

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場