ゆるっとオキブロ 【軟・庭・魂】

テニスプロショップ ラフィノのスタッフ沖本がソフトテニスの情報を、基本ゆる~く、時に真面目にご紹介するブログ(になる予定)です。

ギア選びの極意

"どのコートでどのシューズを履くのがいいのか"

最近ではアウトソールにも変化が
出始めていますが、
普段の私のテニスシューズの使い分けを
ご紹介しておこうと思います。

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

久々に暑さをモロに感じた土曜日。
しばらく低めの気温でしたから
変化についていけない方もいるかな?

無理せずにプレーをしてくださいね。

最近、足元が妙に滑るオッキーナさん。
どうやらだいぶシューズの
アウトソールが減ってきたようです。

基本的に学校のコートで練習する私。

8.25-1.2

普段は砂入り人工芝(オムニ)と
クレーコート兼用のシューズを使用しています。
土の種類・砂の量などによっても異なりますが、
冬場はちょっとスライドしにくいので
オールコート用のシューズを使ったりします。

8.25-1.1

砂入り人工芝(オムニ)コートでも、
砂の量が少なかったりや雨で濡れていると
スライド性も落ちるので、オールコートを
着用する事があります。

8.25-1.3

最近、インプレでもたまに使用するハード。
基本はオールコート用を着用して
プレーをしますが、ハードコートにも
種類があったり、劣化が激しい場合、
ほこりなどが多い場合は
しっかり止まりたいので、砂入り人工芝&
クレーコート用のシューズを着用することも。

8.25-1.4

インドア(体育館)も基本は
オールコート
ですが、
ワックスの効き具合やほこりっぽさ、
板の目の向きによってシューズを替えます。

トップ選手がインドア大会で
砂入り人工芝&クレーコート用の
シューズを着用している事があるのは
上記のような理由があったりするそうです。

8.25-1.5
(五大テニスカレッジ・船橋校)

屋内のテニススクールに多くなってきた
カーペットコート。
ここで大会をやることは
ほとんど無いと思いますが、
砂入り人工芝&クレー用のシューズだと
つまづく可能性が高くなるので
注意が必要になります。

ベストはカーペット用のシューズ。
もしくはオールコート用のシューズで
プレーされる事をオススメします。

他にも似てるようでちょっと違う
コートも存在したりしますが、
コンディションも含めた
そのコートに最適なシューズを
選ぶ事も必要であったりします。

2種類持ち歩くのは大変だったりしますが、
怪我の予防にもつながったりしますので、
参考にして頂けると嬉しいです。

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ

1years

"[検証]質問箱に問い合わせも来たので"

数字で見ると説得力がありますね。
ぜひ、参考にしてください。

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

先日、質問箱にこんな問い合わせが!


そういえば、どれくらい変わるのか
検証してみたことなかったので、
早速、検証をしてみました。

8.20-1.1


私の私物のラケットですね。
これにガードテープを貼ってみます。

まずは、張る前のスペックチェック!

8.20-1.2

8.20-1.3

252gだそうです。

カスタムでは245gでオーダー。
オーバーグリップとグリップバンドが
付いているので、まぁこんなもんですね。

8.20-1.4

・・・写真の撮影ポイントが悪い(汗)

バランスは260mmでした。
オーバーグリップが巻かれているので
バランスがグリップ側に来てますね。

8.20-1.5

8.20-1.6

ラケットを振った時の重さ
「スイングウェイト」を計測。

ガードテープを付けない状態で
193gと数値が出ました。

さて、ガードテープ取り付けてみます。

8.20-1.7

今日もキレイに装着できましたね。

この状態で先ほどと
同じ事をしてみたいと思います。

8.20-1.8

8.20-1.9

ガードテープを付けたら256g
付けない状態から4g増えましたね。

8.20-1.10

・・・これまたアングルが悪い(笑)

バランスは265mmでした。
先ほどよりも5mmほどトップヘビーに。

最後はスイングウェイトの計測です。

8.20-1.11

8.20-1.12

スイングウェイトは202

重量が4g増え
バランスが5mmトップヘビーになると
振った時の重さは9g重くなったわけです。

これ、なかなか重要な数値ですね。

スイングウェイト3gくらいの差だと
もうほとんど同じに感じるレベル。

スイングウェイトが5g変わると
分かる人にはわかるレベルに変わります。

スイングウェイトが10g変わると
ラケットは別モノに思えてきます。

今回はフレームの状態での検証でしたが、
これがガットを張った状態だとどうなるのか。

この辺りも今度、検証してみようと思います。

ガードテープを貼る事が悪いという事ではなく、
これを知っておくとバランサーを付けなくても
トップを重くできたりするわけですね。

貼り方を工夫すれば、
簡単なカスタマイズになる。

ガードテープもなかなか、奥が深いです

8.20-1.13

ちなみに、フルに貼ると
ネーム位置ギリギリになりました。

さぁ、この記事を拡散してください(笑)

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ

1years
 

"たかが靴ひも。されど靴ひも。"

このシューズを見るたびに、
靴ひももこだわろうと思います。

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

今日は2足のスーパーフィート加工。
その中にこのシューズもありました。

8.2-1.2

靴べらを常備しておかないと履けない!?
それでもフィット感はワールドクラス!

アシックスの最終兵器テニスシューズ
標準装備されているこの靴ひも!

オシャレに言うとシューレース!

8.2-1.1

先と中間でこんなに太さが違います。

細めに作られているところでしっかり
足とシューズが一体化できるように
考えられて作られている靴ひも。

オシャレに言うとシューレース。

商品名は

靴ひもひとつで、シューズの性能が
より引き出されるかもしれない。

さらに、中敷はこれに変えるだけで
自分の運動能力が抜群に発揮される。


使い方次第で
自分のパワーアップをはかれたり
力になってくれる道具はたくさんあります。

テニスの足回り強化は
ラフィノまでご相談ください。

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ


"私事で大変恐縮なのですが・・・"

ずっと欲しくて探していた
シューズをようやくゲットしました!

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

どうでもいいとか言わないで!
全力でどうでもいいとか言わないで!!

7.31-1.1

<ゲルレゾリューション 6 ワイド>

ワイドモデルのほとんどが
軽いタイプのシューズでしか
展開されていないため、
すぐに足が疲れていたオッキーナさん。

オールコートモデルではありますが、
これで足元も安心です。

7.31-1.2

しかし、なぜすぐにワイドを無くした!

ゲルレゾリューションは
幅広のオッキーナさんには
履きたくても履けなかったモデル。

ちょっと軽めで動きやすい
ソリューションスピードにも
ワイドモデルがない!!

もう少し続けて欲しかったなぁ。

体重があるせいなのかよくわかりませんが、
砂入り人工芝コートでスライドしても
すぐに止まってしまうので
(体重のせいだろ)
オールコート用のシューズで
滑ってやろうと企んでました。

早くスライドしまくってやりたい。

砂の多いコートの場合は
いつものオムニ用に履き替えても
いいのかななんて
思ってたりしています。

色んな事を自ら試してみて、
考え方も変わるかもしれないので
ちょっと楽しみにしています。

・・・もう1足欲しいなぁ。


それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ


"元グリップも種類色々。こだわってください"

久しぶりに元グリップ交換。
上手く巻けてホッとしてます。

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

今日は元グリップの交換依頼が。

7.24-1.3


F-LASERシリーズのVのラケットに
巻かれているリプレイスメントグリップ。

これ、なかなか感触が良いんですよ。

ちょっとソフトな感じ。
8Vに巻かれている<エクセルフォーム>
個人的には柔らかめで好きだったりします。


そして、巻き上げるラケットはこちら。

7.24-1.2

「NANOFORCE 750V」です。

前衛専用を謳った「Xyst TS」が発売になった後、
対抗モデルとして似たようなスペックで
発売され、人気を獲得したラケットですね。

このラケットには、今でも根強いファンがいます。

ここからさらに、より弾きを強調した
「NANOFORCE 8V REV」へ繋がっていきます。

メーカー同士のバチバチ感を
この当時はとても強く感じてました。

主に、ミズノ対ヨネックスですが(笑)

7.24-1.4

そんなわけで、綺麗に巻き上がり!!

同じように巻き上げようと巻いてたら、
途中からグリップサイズが違うことに気づく。

7.24-1.5

市販品でまだ「F36」
規格があった頃ですね。

重量が265g平均
36mmの正8角形のグリップ

この頃は中高生向けと言われていた
NANOFORCE 500にも
FやBの規格がありました。

この後、ネクステージシリーズに変わって、
そこから少しずつ市販品のサイズ規格が変わり、
同時期にプレーシフトグリップが誕生し、
ノーマルグリップに慣れていた方から
"どうにかならないか?"という事で

ナノフォースからネクステージに変わる時、
そしてさらに、ナノフォースレブが誕生した時が
ヨネックスが大きく動いた時期でもありましたね。

プレーシフトとノーマルの両方が
発売されていた時期もあったなぁ。

その前のアーマーブレードも挑戦ではありました。

ソフマガで見た、トップ選手が使用してた
マッスルパワー7700に憧れて購入し、
痛い目を見た記憶まで蘇ってきた・・・。

元グリップを交換しながら思い出に浸る(笑)
なかなか楽しいものです。

さぁ、グリップも巻き終えたし。
帰ってご飯食べよう(笑)

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ

 
Twitter プロフィール
中の人はオッキーナ(@okimoyan)です。ソフテニグッズのネットショップやってます。ソフトテニスが好きなあなた、とりあえずフォローしておくと情報が転がり込んでくるよ。質問箱もやってます→https://peing.net/soft_lafino
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場