ゆるっとオキブロ 【軟・庭・魂】

テニスプロショップ ラフィノのスタッフ沖本がソフトテニスの情報を、基本ゆる~く、時に真面目にご紹介するブログ(になる予定)です。

スイングウェイト

"[検証]質問箱に問い合わせも来たので"

数字で見ると説得力がありますね。
ぜひ、参考にしてください。

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

先日、質問箱にこんな問い合わせが!


そういえば、どれくらい変わるのか
検証してみたことなかったので、
早速、検証をしてみました。

8.20-1.1


私の私物のラケットですね。
これにガードテープを貼ってみます。

まずは、張る前のスペックチェック!

8.20-1.2

8.20-1.3

252gだそうです。

カスタムでは245gでオーダー。
オーバーグリップとグリップバンドが
付いているので、まぁこんなもんですね。

8.20-1.4

・・・写真の撮影ポイントが悪い(汗)

バランスは260mmでした。
オーバーグリップが巻かれているので
バランスがグリップ側に来てますね。

8.20-1.5

8.20-1.6

ラケットを振った時の重さ
「スイングウェイト」を計測。

ガードテープを付けない状態で
193gと数値が出ました。

さて、ガードテープ取り付けてみます。

8.20-1.7

今日もキレイに装着できましたね。

この状態で先ほどと
同じ事をしてみたいと思います。

8.20-1.8

8.20-1.9

ガードテープを付けたら256g
付けない状態から4g増えましたね。

8.20-1.10

・・・これまたアングルが悪い(笑)

バランスは265mmでした。
先ほどよりも5mmほどトップヘビーに。

最後はスイングウェイトの計測です。

8.20-1.11

8.20-1.12

スイングウェイトは202

重量が4g増え
バランスが5mmトップヘビーになると
振った時の重さは9g重くなったわけです。

これ、なかなか重要な数値ですね。

スイングウェイト3gくらいの差だと
もうほとんど同じに感じるレベル。

スイングウェイトが5g変わると
分かる人にはわかるレベルに変わります。

スイングウェイトが10g変わると
ラケットは別モノに思えてきます。

今回はフレームの状態での検証でしたが、
これがガットを張った状態だとどうなるのか。

この辺りも今度、検証してみようと思います。

ガードテープを貼る事が悪いという事ではなく、
これを知っておくとバランサーを付けなくても
トップを重くできたりするわけですね。

貼り方を工夫すれば、
簡単なカスタマイズになる。

ガードテープもなかなか、奥が深いです

8.20-1.13

ちなみに、フルに貼ると
ネーム位置ギリギリになりました。

さぁ、この記事を拡散してください(笑)

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ

1years
 

"数字の「魅力」と『魔力』"

なんかすごいことになってた・・・。

こんにちは☆ ラフィノオッキーナ沖本です( ̄∇ ̄)/

昨日のブログ記事ですが、なんかアクセスがすごかった。。

9-3
船橋店店長の西山が紹介してくれたのがものすごく大きいみたいで、
一気に1日の最大アクセス数記録を更新してしまいました。

こう、アクセス数が確認できるのは、書き手のやる気や
頑張りにも影響しますね、数字の怖いところです。

ものによっては、数字は嘘をつかないわけですが、
信じすぎてしまうと、色々と考え方を狭めてしまったりもします。

今日は、ラケットに関係する数字に注目してみましょう。

今日は真面目ですよ。プロフェッショナル風に行きますよ。
ほら、あなたの頭の中にもスガシカオの曲が・・・。

ラフィノで仕事をさせていただくようになって、
ラケットの注文を多く見かけるようになりました。
そこで目にするこの数値。

9-1

カタログにはそのラケットの平均の重量やバランスポイントが
記載されています
が、製造上、どうしても全て同じには
仕上がらないので、個体差が出てしまいます。

上の画像のラケットは、全く同じモデルですが、これだけの個体差が。

なので、ラフィノではガットを貼り上げる前に、
そのラケットの簡単な身体測定をするわけです。※座高は測りません。

重量は、ラケットの全体の重さ。
バランスは、ラケットの頭が重いのか軽いのかを示す数値。

そして、おまけで計測している、ラケットを振った時に感じる
重さを数値化したのが、スウィングウエイトになります。

この3つの数字が目で見えるだけで、自分も含め、男性は喜びます。
女性よりも男性は、数値やデータを見て分析するのが大好きです。

ですが、この数値にもちょっとした落とし穴が存在します。

9-2

・・・おわかりいただけただろうか。。。(←いきなり心霊番組風)

スウィングウエイトが同じでも、重量・バランスはバラバラです。
ここが意外と落とし穴なんです。

重量・バランスは3〜4違うと結構、世界が変わります。
ただ、スウィングウエイトに関しては5違っても正直ほとんどわかりません。

なので、いくら頑張ってスウィングウエイトを合わせても、
重量やバランスポイントがかけ離れてしまっていたら、
振った時に違和感を感じてしまうことがあるということです。

スウィングウエイトには平均値が設けられていませんので、
この重さでこのバランスならこのくらいになる。という予想ができません。

数字って難しいですね( ̄∇ ̄)

なので、スペックを合わせる場合は重さとバランスポイントを
重視していただくことをオススメします。

まぁ、人それぞれ感覚が違うので、あくまで参考にということで。

この数字に惑わされてしまうと、いつまでたっても欲しいスペックの
ラケットが見つからないなんてこと、たくさんありますのでご注意を。

ソフトテニスラケットも基本的にスペックを計測してご用意します。
2本、3本のまとめ買いも入ったりすると嬉しいなぁ。

まだネットショップはオープンしていませんが、
直接注文でのご用意は可能ですので、
ご希望がありましたらお問い合わせください。

・・・最後までマジメでしたね。

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄∇ ̄)ノシ
S1

カテゴリー
Twitter プロフィール
中の人はオッキーナ(@okimoyan)です。ソフテニグッズのネットショップやってます。ソフトテニスが好きなあなた、とりあえずフォローしておくと情報が転がり込んでくるよ。質問箱もやってます→https://peing.net/soft_lafino
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場