ゆるっとオキブロ 【軟・庭・魂】

テニスプロショップ ラフィノのスタッフ沖本がソフトテニスの情報を、基本ゆる~く、時に真面目にご紹介するブログ(になる予定)です。

テニスシューズ

"怪我の原因を探った結果・・・"

あぁ、やっぱりココだった。
早く見てあげるべきだった。

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

シューズってホント大事!

昨日、練習中にまだ怪我の癒えない
教え子さんとちょっと話をしました。

新人戦で怪我が悪化した右足の様子。

この子が頑張ってくれたおかげで、
団体戦を勝つ事ができたわけですが、
なかなかの、大きな代償。

手打ち気味なので、肘や肩にも
痛みが現れていましたが、
なんだかんだで体は全部繋がっているので、
どこか怪我をすると、どこかがかばおうとして
いろんなところに異常が出ます。

そんなわけで、私はテニスシューズに注目。

TLL770
彼女が履いていたのがこちら。


軽量で動きやすい、大人気モデルです。

が!このシューズ。
同じデザインで<ワイド>規格の
モデルも発売されているんです。

世界の靴屋さんである
アシックスでさえも、
デザインで選んでしまうと落とし穴が。。

案の定、教え子はワイドモデルでした。
しかもだいぶ大きなサイズを履いている。

これでは足に負担がかかるわけです。
もう少し気にしてあげるべきでした。

シューズもストリングもラケットも、
デザインやなんとなくで選んでしまうと、
大怪我の原因になる可能性があります。

あと、自分の足はワイドだという思い込み。
このパターン、ものすごく多いです。
特に女性はそう思いがち?

健康にスポーツを続けていくのであれば、
まずはシューズから見直してみてください。

「軽い=楽」
「クッション抜群=疲れない」

間違いではありませんが、
テニスに限ってはこれが実は
危険な認識になる場合も。

このイメージからの脱却を図らないと、
テニスしたいのに足が痛いから・・・
という方は減らないでしょう。

テニスの動きはものすごく複雑です。
そして、テニスはフットワークが
勝敗の鍵を握る事が多々あります。

ラフィノで一緒に、
足元を見直してみましょう。

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ

"「本物のワイドモデル」が出るんだって"

これはあなたの足に合わないから
他のシューズで探しましょう。
ってメーカーの人は
なかなか言えないと思うんです。

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

夕立らしい夕立がありました。

近年じゃゲリラ豪雨化して、夕立なんていう、
風情のあるものではありませんでしたが、
今日の夕方から少しの間、降った雨は、
久しぶりに風情を感じた夕立でした。

雨降るなんて聞いてねぇぞ!

って、イライラする隙もありませんでした。
地球温暖化、止まったの?

さて、今日はシューズのお話。

私は出演していませんが、
新しく発売になるシューズの
インプレッション動画が解禁となりました。


プリンスのテニスシューズ。

その名も、

「ワイドライト」

DPSWC1S DPSWC1M

幅が広くて、軽く、柔らかいクッション。

そう。最近では競技者志向のモデルの
シューズが多くなってきているので、
ワイドモデルを探すのが大変になってきています。

幅広の足を持つ私も、シューズ選択には一苦労。

良いなと思って履いていても、廃盤になってしまったり。
そんな方にはとてもオススメのワイドモデルです。

動画でもKakimotoさんが言っていますが、
ただ広いだけのシューズではないので、
しっかりとしたフィット感も得られるかと思います。

そして、

「幅の狭い方は違うモデルを履いてください」

これ、重要ですね。

DPSLC3R DPSZC12

幅が狭い方にはこちらのモデルを。

綺麗なグラデーションですが、
なかなかこういうデザインてないですよね。

コンセプトもしっかりしているので、
オススメしたいシューズになります。

注目してみてくださいね!

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ

"在庫の入れ替え!だからお買い得!サイズ限定だけど"

私の推し色"パープル"
良い色だと思うんですけどねぇ。

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

シューズの話を立て続けに。
今日は在庫処分セール品のご案内を。

地味に在庫処分係になってます(笑)

SHTELGC_036

このGCはゴルフ倶楽部の略ではありません。
グラス(芝)クレイ(土)の略です。

このシューズ、人気あったんですが、
23.0cm23.5cmだけ在庫が残ってました。

なので、サイズ限定で処分価格です。

ガッチリしている中にも、
アッパーは柔らかめだったりするので、
女性用ラストではありますが、
あまり窮屈感は無いと思います。

ヨネックスの自信作。
ヨネックスの最高級モデル。

お買い得だと思います。

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ

"今日もシューズの話をしてみようと思います"

昨日の記事が→【昨日のやつ】
なんかすごい反響あったので、
調子に乗っているようです(・∀・)

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

なんでしょう。
「ズバリ言うわよ!」的な内容の
ブログの方が反響がありますね。

あ、あとかおりん早川が出る回。。

なので、今日もシューズのお話を。

オッキーナさんは、根っからの
「ミズノ大好きショップ店員」です。
中学生の時、初めて買った
軟式テニスラケットがミズノだったので。

もっと遡ると、小学生の時に
サッカークラブに所属していて
最初に買ったスパイクがミズノだったので。

理由なんて、単純なもの(笑)

そこからミズノが好きで愛用しています。

しかし今は、シューズはアシックス推し。

4-1

初めてアシックスのシューズを履いたのは
高校生時代のサッカー部に所属してた時。
(※学生時代にテニスしてたの中学だけ)

足が大きく、当時なかなかサイズが
無かったので、顧問の先生にお願いして
購入したのがアシックスの天然皮革でした。

その時、足入れ感の良さに、
乙女 パスタに感動。
(いちいちネタが古い)

そこから、テニスを再開した後、
一度ミズノのシューズを履いて、
アシックスのプレステージライト
出会った後は、アシックスをメインに
ミズノと併用して使っています。

ここで、アシックスの社名の
由来にも出会いました。

「もし神に祈るならば、
健全な身体に健全な精神が
あれかしと祈るべきだ」
("Anima Sana in Corpore Sano")

よくあるうたい文句で、
「日本人の〜に合わせて〜」
なんていうのを目にしたことが
あると思いますが、

『いつの時代の日本人のデータなのか』

ここ重要です。テストに出ます(笑)

オッキーナさん、先日34歳になりましたが、
私くらいの世代を境にして、上の世代は
比較的"幅広・甲高"が多く下の世代は
比較的"幅狭・厚みなし・かかと細い"足の
持ち主が多いんですね。
※それぞれ足の形が違いますから
 あくまで割合の話です。

今の学生世代はさらに足が細くなってます。
食の欧米化や幼少期の運動量なども
色々と関係しているようです。

ということは?そういうことですね。

その辺りも含めて、
シューズ選びをしてみてください。

部活が忙しくてお店に行けず、親御さんに
「何cmのシューズ買っておいて!」
って子の話をよく聞きますが、
自分のパフォーマンスを最大限に
発揮させたいのであれば、練習を休んででも
自分でしっかり試し履きをしに行きましょう。

ギア選びも大事な
"選手の成長の一部"
だと思います。

さぁ、土日はラフィノへ!
浦安店にも船橋店にも、
シューズに、ものすごくうるさい
詳しいスタッフがお待ちしております!

テニスシューズ履いたまま来店すると
怒られますので気をつけてくださいね(笑)

今、履いているシューズを
一緒に持って来ていただけると
色々とお話ができると思います。

ご来店、お待ちしております!

私は、お休みなので、
味の素スタジアムまで
光る棒振りに行って来ます♪

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ

"軽いシューズは「楽」である。複雑な動きがなければ"

テニスという独特な動きが連続する競技。
これは足が疲れて当然ですね。

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

今日はミズノさんの新しく発売になった
シューズのページを作っていたわけですが。

12-1

相変わらずデザインが冴えてますね。
とてもカッコいいと思います。
ソフトテニス競技者の心をくすぐる感じ(笑)

今回発売になった4機種は、ミズノの軸となる

"ウェーブエクシード"シリーズです。

下の白ベースのモデルはオールコート用。
オムニやクレーコートが主になる
ソフトテニスではあまり使わないでしょうか。

そして、上の2機種は
エクシードシリーズの中で最も軽量化された

"ウェーブエクシードEL"というモデル。

エクシードシリーズの重量が315g(片足/27cm)
それに対して、
エクシードELの重量が285g(片足/27cm)

軽量のさらに軽量モデル。

61GB171727 61GB171762

これは、普通に動く分にはものすごく楽。
そう、普通に動く分には。

物を軽くするということは、
何かを削ぎ落としている事がほとんどです。

そうなると、必然的に
ねじれに弱くなる傾向にあります。

テニスは切り返しの動きが多いスポーツ。
シューズのねじれが大きくなればなるほど、
自分の筋力をどーん!と使って止まったり、
動き出したりするので、めちゃんこ疲れます。

この動きが連続して続く事で、
足に疲労がたまり、
怪我につながったりするわけです。
さらに、自分の足に合っていない
(サイズ・ワイズが合っていない)
シューズを履いていたらさらに大変。

疲労とか言ってる場合じゃなくなります。

では、軽いシューズは履かない方がいいのか?

そういうわけではありません。
軽量シューズがぐにゃぐにゃで酷かった話は
ひと昔前のお話です。

その頃に比べたらねじれに対しても
だいぶ強くなりました。

シューズを選ぶ際は、
まずは、かかと部分をしっかり合わせる事。
すぽっと抜けてしまうシューズはNGです。

そして、サイズ・ワイズをしっかり合わせる事。

これは軽量シューズを選ぶ時だけでなく、
シューズを購入する時の重要なポイントです。

ここをしっかり合わせる事で、
足への負担は大きく変わります。

テニスにおいて、自分のサイズより
かなり大きいサイズのシューズを
履いていてメリットなんて無いんです。

どうしても履きたいから
サイズを上げるなんて
自分の足に壊れてくれと
言っているようなもの。

シューズフィッティングは時間をかけて、
しっかりと吟味するとこをオススメします。

…話が反れましたが。。

今回のEL2はELよりも
若干強さが増しています。
とにかく素早く動きたい、
ちょっと足幅のある方はご検討ください。
※3E相当になります。

デザインが気に入って購入するのだけは
オススメしませんよ〜!

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場