ゆるっとオキブロ 【軟・庭・魂】

テニスプロショップ ラフィノのスタッフ沖本がソフトテニスの情報を、基本ゆる~く、時に真面目にご紹介するブログ(になる予定)です。

テニスシューズ

"軽いシューズは「楽」である。複雑な動きがなければ"

テニスという独特な動きが連続する競技。
これは足が疲れて当然ですね。

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

今日はミズノさんの新しく発売になった
シューズのページを作っていたわけですが。

12-1

相変わらずデザインが冴えてますね。
とてもカッコいいと思います。
ソフトテニス競技者の心をくすぐる感じ(笑)

今回発売になった4機種は、ミズノの軸となる

"ウェーブエクシード"シリーズです。

下の白ベースのモデルはオールコート用。
オムニやクレーコートが主になる
ソフトテニスではあまり使わないでしょうか。

そして、上の2機種は
エクシードシリーズの中で最も軽量化された

"ウェーブエクシードEL"というモデル。

エクシードシリーズの重量が315g(片足/27cm)
それに対して、
エクシードELの重量が285g(片足/27cm)

軽量のさらに軽量モデル。

61GB171727 61GB171762

これは、普通に動く分にはものすごく楽。
そう、普通に動く分には。

物を軽くするということは、
何かを削ぎ落としている事がほとんどです。

そうなると、必然的に
ねじれに弱くなる傾向にあります。

テニスは切り返しの動きが多いスポーツ。
シューズのねじれが大きくなればなるほど、
自分の筋力をどーん!と使って止まったり、
動き出したりするので、めちゃんこ疲れます。

この動きが連続して続く事で、
足に疲労がたまり、
怪我につながったりするわけです。
さらに、自分の足に合っていない
(サイズ・ワイズが合っていない)
シューズを履いていたらさらに大変。

疲労とか言ってる場合じゃなくなります。

では、軽いシューズは履かない方がいいのか?

そういうわけではありません。
軽量シューズがぐにゃぐにゃで酷かった話は
ひと昔前のお話です。

その頃に比べたらねじれに対しても
だいぶ強くなりました。

シューズを選ぶ際は、
まずは、かかと部分をしっかり合わせる事。
すぽっと抜けてしまうシューズはNGです。

そして、サイズ・ワイズをしっかり合わせる事。

これは軽量シューズを選ぶ時だけでなく、
シューズを購入する時の重要なポイントです。

ここをしっかり合わせる事で、
足への負担は大きく変わります。

テニスにおいて、自分のサイズより
かなり大きいサイズのシューズを
履いていてメリットなんて無いんです。

どうしても履きたいから
サイズを上げるなんて
自分の足に壊れてくれと
言っているようなもの。

シューズフィッティングは時間をかけて、
しっかりと吟味するとこをオススメします。

…話が反れましたが。。

今回のEL2はELよりも
若干強さが増しています。
とにかく素早く動きたい、
ちょっと足幅のある方はご検討ください。
※3E相当になります。

デザインが気に入って購入するのだけは
オススメしませんよ〜!

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ

"テニスシューズの最高峰が限定デザインで登場なのです"

本気ならアシックス!
って言葉は本当ですよ。

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

長年、アシックスのテニスシューズ
愛用しているオッキーナさんでございますが、
(M社と併用して使用していたりします)
やはり世界の靴屋は素晴らしい。

何が良いかって?
・フィット感だとか
・グリップ力だとか
・疲れにくいだとか

そんな表現だけで表せないですね。

「自分の能力を120%出して戦うための武器」

そう、武器だと思っています。

何も攻撃するのはラケットとガットだけではなく、
相手を嫌がらせるほどのフットワークも武器になる。

大地からパワーをもらい、瞬時に追いかける。
大地からパワーをもらい、打球に伝え攻撃する。

シューズは防具ではなく武器なのです。

ただ、アシックスのシューズであれば
なんでもいいわけではなく、
しっかりとフィッティングする事が重要。

迷ったり興味があったら
ラフィノへお越しください。

そんな、アシックスが贈る
テニスシューズ界の最高峰モデルに、
限定デザインが登場しました!

13-1
"ゲル レゾリューション 7 L.E.LONDON"
※オレンジカラーはレディースモデルです。

メンズモデルは→【こちら】
レディースモデルは→【こちら】

オールコート用ではありますが、
スライド性を重視される方は、
オムニ&クレー用を無理に使わなくても
いいんではないか?と最近思っています。



テニス・グッズ・オタク…おっと失礼!
テニス・ギア・マエストロ
"フッキー"が熱く語っていますので、
こちらの動画も参考にしてみてください。

しかし、最近のテニスシューズは高い。。

それでも、宣伝費に大金を注ぎ込んで
値段が高騰しているものとは違い、

開発費に回している靴屋さん
ですから。

しっかり足に合わせたモデルを
履いてもらえば、違いがよくわかります。

2017年秋冬モデル辺りから
ソフトテニスサイトでもアシックスのシューズの
販売をスタートしていきますので、
アシックスファンのみなさん、もうしばしお待ちを。

※硬式テニスサイトでは購入可能です。
【こちら】

この結果を見て、色々とショックだったので(笑)
どんどん変えて行こうじゃないですか。
少しずつでも。

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ

"時代は大きく変わった?"

アンケート結果は
なかなか面白いものに!

こんにちは☆
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

先日、ヨネックスさんの新色シューズ
発売発表の時にツイッターでアンケートを
実施してますとアナウンスしましたが、
その結果が出ました。
※投票者が全てテニス関係とは限りません。

なかなか面白い結果になったと思います。
今の若い世代には「ヨネックス最強」
もはや当たり前ではあると思いますが、
オッキーナさんから上の世代の方は
結構ざわつきが出ました(笑)

ツイッター見てるのはやはり圧倒的に
10代の学生世代が多いでしょうから、
ある程度は予想していましたが、
まさか6割も獲得するとは。。

29-1 29-2

29-3 29-4

29-5

この結果は、ひとえにヨネックスさんの
企業努力販売戦略の賜物だと思います。

バドミントンのアルミ製ラケットの
革新的な製造技術から、ラケットといえば
ヨネックスと言われるようになり、
今では全身トータルコーディネートが可能に。

パワークッションに生たまご落として
割れずに跳ね返る映像とか見せられたら
そりゃ誰でも「おおっ!」ってなります(笑)


アンケートを見る限り、ソフトテニス界では
ヨネックスが圧倒的に人気。

オッキーナさんの中学生時代(20年くらい前)、
ヨネックスのシューズを履いている仲間は
そんなに多くなかったように思います。
いや、むしろ見たことなかった。。

自分はサッカーからテニスにやってきたので、
ミズノもテニスシューズあるんかぁ。
じゃあミズノで。というイメージ(笑)
昔はあのランバードマークは
サッカー少年にとって憧れでもありました。

ちなみに、こんなアンケートもやってみました。
投票数はさっきのやつの1/10ですが(笑)
まだ投票期間内ですので、
おヒマな方はポチッとお願いします。

技術は日々進化しています。
そして、素材も素晴らしいものが
どんどん誕生しています。

その技術と素材を最高の形にすべく、
メーカーの開発担当の方は日々
試行錯誤を繰り返しているわけですが、
それを生かすも殺すもプレーヤー次第。

自分の身体はどのような使い方の
癖があって、どのように動いているのか。

スポーツにおいて、足の動かし方と
足の特徴を知った上で
シューズ選びをした方が、
自分の中に眠っている力を解放する
最短距離だと思っていいと思います。

よし、ラフィノに相談に行こう!(笑)

…最後がわざとらしい。。

ラフィノはラケット販売以上に
シューズ接客・販売に命をかけている
スタッフが何人かいます。

話を聞くだけでも目からウロコだと
思いますので、お時間作っていただいて
ぜひご来店ください。

さぁ足元の意識改革を。

これでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ

"いつの間に復活してたんかぃ"

ラブストーリーと公認メーカーの改定は突然にっ!!

こんにちは☆ ラフィノオッキーナ沖本です( ̄∇ ̄)/

ブログネタを探してお得意のネットサーフィン(←死語?)をしていると、
ラフィノのページでこんなところを発見しました。

22-2

なんかお買い得なものがたくさんある!!サイズはまちまちだけど。

これは紹介したい!でも、ソフトテニスで使えるのか?

そこで久しぶりにお邪魔しました
「日本ソフトテニス連盟」のホームページ。

定期的に見ておかないと、知らない間に公認メーカーの
追加や削除があったりするんですよね。

で、今回はシューズという事で、シューズの現在の公認メーカーを
調べに行ってきたわけです。

どんっ!!

22-1

・・・いつの間にかディアドラが復活している(笑)
しかも、2016年1月1日現在の情報。

しばらく、ディアドラのシューズが身近になかったので、
これは盲点でした。

個人的には嬉しいディアドラの公認復活。

本社が京都にあることもあり、昔は「京都市役所」
所属選手が使用していた記憶がありますが、曖昧です(笑)

そして、一時期、公認メーカーの登録から遠ざかってましたが、
今回調べたら復活してまして。

ディアドラはサッカーのブランドイメージが強いですが、
テニスも根強く使用されているメーカーなんですよ。
そして何より、デザインがオシャレ。
そりゃイタリアのブランドですからね。
アモーレですよアモーレ!(←言いたいだけ)

シューズメーカーなので物も良いです。
欧州のブランドなので、規格は細めではありますが、
今時の若手プレーヤーさんには履きやすい規格です。

個人的に、もう少しソフトテニスもオシャレができるような方向に
進んで欲しいなと思っていますので、
ディアドラは機能もデザインもオススメですね。

興味のある方はちょっと覗いてみてください。
※SGがオムニ&クレー、AGがオールコート(ハード)用です。


あっ、それと。
前回ご紹介した"レーザーラッシュ7V"のアウトレットラケット。
まさかまさかの、ブログ上げたその日中にご販売となりました!!

LR7V-8

とても嬉しいですねぇ
ラフィノ・(勝手に)ソフトテニスプロジェクトの第1歩。
ちょっと忘れかけてた、物を売る大変さと、
売れた時の喜びを思い出しました。( ̄∇ ̄)

この調子で、年が明けたら色々と進めていけたらと考えております。
その辺もお楽しみに!!

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄∇ ̄)ノシ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場