締め付け加減が絶妙なんですよ。

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

今日もせっせとスーパーフィートの加工。

1

このシューズはスーパーフィートとの
相性は良いんですけど、
チェックする際に手がデカすぎて
なかなか入らないのが難点です(笑)

原因はここに。

2

タンの部分が一体化してるんですね。
なので、足とシューズとの一体感覚は
他のどのシューズよりも群を抜いて良いです。

問題は、靴べら無しでは履くのが難しいこと。
いや、本来であれば常に小さい靴べらを
持参している方が理想だったりします。

履き口がものすごく狭いのですが、
何回か履いているうちに自分の足に馴染みます。

形状記憶ってやつですね。素敵なシューズです。

4

このシューズに標準装備されている
シューレース(靴ひも)がまたすごい!

3

"パワーホールドシューレース"

下の方は細く伸縮性があまり無いので、
しっかりと足をホールドしてくれます。
上の方は通常の靴ひもの太さになり、
少し遊びを持たせてくれています。

気を付けたいのは、締めすぎない事。
圧迫しすぎてしまっても逆効果。

細い分、微調整も効かせやすいので、
このシューレースは試してみる価値あり!

近日中に取り扱いを開始予定です。
お楽しみに。

なんか、真面目な記事になりました。
やればできるじゃないか!

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ