ゆるっとオキブロ 【軟・庭・魂】

テニスプロショップ ラフィノのスタッフ沖本がソフトテニスの情報を、基本ゆる~く、時に真面目にご紹介するブログ(になる予定)です。

ボックス形状

"魔法の溝〜Groove〜"

題名がなんか曲名みたいになった(笑)

こんばんは★ ラフィノオッキーナ沖本です( ̄∇ ̄)/

今日は2月3日。「節分」です。

鬼は外、福は内。昼食は、幕の内。

今日も食べ物の事しか考えていないようです。
おかしいな。そんな食いしん坊万歳キャラじゃないんですけどね。

さて、今日は昨日の続きです。

2-8

スリクソン100V、100S、100LSまではご紹介しましたね。
今日は、パワー(スピード・弾き)タイプの200シリーズをご紹介します。

以前のモデルでは、100は上級、200は中上級と、
ちょっとラケットのレベルにも差がありましたが、
今回のシリーズから横並びでプレースタイルに合わせた
ラケット選びが可能になっています。

3-1

3-2

こちらが「スリクソンX 200V」

3-4

3-5

こちらが「スリクソンX 200S」になります。

200Sの写真の方がわかりやすいかと思いますが、
シャフト部分とフェイス部分のフレームは
丸みのあるラウンド形状になっています。

シャフト部分はこの写真だとちょっとわかりづらいかもしれません。
フェイス部分は曲線の所を見ていただければ、100V・100Sの
ボックス形状とは違うのが見てわかるかと思います。

このラウンド形状の特徴は"反発力"なので、ボレー重視のラケットや、
飛びを売りにしたラケットにこの形状が用いられていることが多いです。

上の方にも書きました通り、この200シリーズは
パワー(スピード・弾き)タイプのラケット
なので、この形状なんですね。

そして、このラケットの最大の特徴がココにあります。

3-3

200V

3-6

200S

黒いのでわかりにくいかもしれませんが、
この黒い部分は溝になっていて、ちょっとくぼんでるんですね。
スロート部分にこの溝を付けることで、打球時にボールを掴んでくれる
効果が生まれるんですね。

3-8

素早く掴んで、弾き出す感覚でボールを飛ばす構造になります。

元々、球持ちの良さ、打球感の柔らかさが売りの
ダンロップラケットですから、ただ弾くだけではいけません。
その辺はさすがですね。

3-7

これで、3種類5機種の紹介は以上となります。

そして、この5機種に共通している新しいテクノロジーがこちら。

3-9

"ソニックコア・テクノロジー"です。

3-10

打球時に図のような変化があり、打球に威力を与えます。

硬式テニスラケットにもすでに使われているこのテクノロジー。
検証結果が載っています→【ソニックコア・テクノロジー】

公認球の改良といい、今回のラケットのラインナップといい、
ダンロップさんの本気を感じました。
なので、こんなに長く書いてしまいました。

人気で言ったらまだまだ某Y社や某M社には敵いませんが、
私はスリクソンラケットの良さをどんどん広めたいと思ってますので、
書きたい時はこれくらい書かせてもらうことがあると思います。

お暇がある時にでもお付き合い頂ければ嬉しいです。

もう1本、面白いラケットはあるんですが、
長くなってしまいましたのでここまで。

軽量・デカ面・長ラケの新しいモデルも出ますので、
詳しくは【プレスリリース】でお確かめください。

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄∇ ̄)ノシ

"変化をつけたラインナップ"

なるほど。そう来ましたか。

こんにちは☆ ラフィノオッキーナ沖本です( ̄∇ ̄)/

早いもので、2017年の1月が終わっていました。
そんなことを書く余裕もなく、昨日はブログを一気に書きました。
展示会が楽しかったから、すぐに書きたかったんでしょうか。

めでたく、1月は毎日ブログ更新の目標が達成できました!
最近では、安定した1日のアクセス数で、見ていただいている方も
少しずつ増えてきていまして、嬉しいです。

次の目標は『月10,000PV達成』

1日平均で300ちょっとの方に見ていただけるように頑張ります。

面白ければ&興味があるネタであればたくさんの方に見ていただけるので、
ゆるいスタンスはそのまま行きつつ、なんか毎日見たくなるブログを
目指して行きたいと思います( ̄∇ ̄)


さて、昨日見て来たスリクソンの新製品ラケット。
すでにプレスリリースで発表になってたんですね!

2-9

いつも通りのラインナップのように見えますが、
100シリーズのシングルシャフトが無くなりLSタイプが追加されました。

2-5

さて、ここで問題です。
この『LS』の文字は何の略になるでしょうか。

ポク…ポク…ポク…チーン!!

(これってシンキングタイムの効果音じゃないよなぁ)

正解は…そういえばちゃんと聞いてないや( ̄∇ ̄;)

『ライトスペック』の略で間違い無いと思います。

このLSモデルの登場、そして価格の横並びを見て、
何でだろう?と思った方もいるかもしれませんが、
今回のスリクソンのラケットは、

「ラケットのレベルではなくプレースタイルで選べる」

ラインナップになっているんですね。

今までは、100シリーズが最上位200シリーズが中上級
300シリーズが中級のようなラインナップになっていました。
これは某Y社や某M社も同じような形にしていますね。
しかし、今回のスリクソンラケットはその枠をほぼ撤廃。
100と200シリーズは形状の違う同レベル機種。という位置付け。

これは、実に面白い( ̄∇ ̄)

現時点で、あまりラインナップが多くないスリクソンだから
できるものではないかなと思います。
やろうと思えばできるでしょうけど、あえてはやらないでしょう。

その辺りの目の付け所もいいですね。

2-1

2-2


2-3

2-4

100V100S
今回はボックス形状ではありますが、ラケットの場所によって
外側が高めのボックス、内側が高めのボックス、通常のボックスを
組み合わせて、しなりと安定感をしっかり高めています。

2-6

2-7

100LS
こちらは、シャフト部とスロート部分にボックス形状を採用、
フェイス部分には丸みのあるラウンド形状を組み合わせて、
しならせてボールを乗せつつ、ラウンドの反発でスピードボールを放つ。
言ってしまえば、いいとこ取りのラケットです。

…長くなってしまったので、200シリーズは次回にしましょう。

試打ができるチャンスがあれば、レポートも公開したいですね。
ラケット選びに悩まれている方、スリクソン、良いですよ!

2-8

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄∇ ̄)ノシ

カテゴリー
Twitter プロフィール
中の人はオッキーナ(@okimoyan)です。ソフテニグッズのネットショップやってます。ソフトテニスが好きなあなた、とりあえずフォローしておくと情報が転がり込んでくるよ。質問箱もやってます→https://peing.net/soft_lafino
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場