ラケット眺めるの好きなんで、
細かいところまでとても気になります。

こんばんは★
ラフィノオッキーナ沖本です( ̄▽ ̄)/

今日は祝日で、メーカーへの発注もなく、
穏やかな時間を過ごしてましたが、
11時前に色々とてんやわんや状態になりまして、
ラケットを届けるというおつかいに行きました。

トラブルがあった時はポジティブにとらえる。
やはりこれが一番ですね。

そして、おかげさまで、汗だくつゆだくです。

今日が真夏日じゃなくて本当に良かった。。

色々と勉強になった1日でした。

さて、今日はラケットの細かいところ
ちょっと目を向けてみようと思います。

ネタを探していたら発見したこのページ。

11-1

11-2

なーんだ。ストリングの張り方かぁ。
と、思ってしまうと、ちょっと損をします。

ストリングパターン
図から見て取れるピッチ

この部分の意味を知っておくと、
よりラケット選びが楽しくなりますよ。

基本的に、ソフトテニスのラケットは
縦糸(メイン)16本、横糸(クロス)16本か、
16本×17本のタイプのラケットが多いようです。

本数が少ないと"目が荒い"
本数が多いと"目が細かい"なんて言われます。

また、本数が少なくてもわざと真ん中に
ストリング同士の感覚を狭めているモデルも
あったりますね。

ストリング同士の感覚が広いと、
ボールが飛びやすくなり、また回転もかけやすい。
打球感も軽くなるので、楽にボールが飛ばせます。

逆に、ストリング同士の感覚が狭いと、
しっかりとした硬めの打球感になり、
コントロールもしやすくなります。

また、本数が増えれば反発力も上がりますね。

個人的に、レーザーラッシュ9シリーズの
16本×19本というパターンには興味が湧きます。

硬式テニスラケットの場合は、
同じ機種でもストリングスパターンだけ変えて
16本×20本と18本×20本の2種類を
販売しているメーカーもあります。

打球感の硬い・柔らかいは
フレームのフレックス(硬さ)だけでなく、
ストリングスパターンやピッチも
大きく関係していることを頭に入れて、
ラケット選びをして見てくださいね!

ちなみに、この間ご紹介した
Xyst ZZは85平方インチで16本×16本です。
最近は16本×17本が多いようなので、
この辺りも、もしかしたら影響があるのかも?

さぁ、あなたももっとテニスラケットの
細部まで知ってマニアックになりましょう(笑)

ただ、あまり深く知りすぎると、引かれます(笑)
自分が楽しければいいんですけどね。

簡単な説明だけでしたが、
ラケット選びの時に参考にしてください。

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄▽ ̄)ノシ