ゆるっとオキブロ 【軟・庭・魂】

テニスプロショップ ラフィノのスタッフ沖本がソフトテニスの情報を、基本ゆる~く、時に真面目にご紹介するブログ(になる予定)です。

3月発売

"変化をつけたラインナップ"

なるほど。そう来ましたか。

こんにちは☆ ラフィノオッキーナ沖本です( ̄∇ ̄)/

早いもので、2017年の1月が終わっていました。
そんなことを書く余裕もなく、昨日はブログを一気に書きました。
展示会が楽しかったから、すぐに書きたかったんでしょうか。

めでたく、1月は毎日ブログ更新の目標が達成できました!
最近では、安定した1日のアクセス数で、見ていただいている方も
少しずつ増えてきていまして、嬉しいです。

次の目標は『月10,000PV達成』

1日平均で300ちょっとの方に見ていただけるように頑張ります。

面白ければ&興味があるネタであればたくさんの方に見ていただけるので、
ゆるいスタンスはそのまま行きつつ、なんか毎日見たくなるブログを
目指して行きたいと思います( ̄∇ ̄)


さて、昨日見て来たスリクソンの新製品ラケット。
すでにプレスリリースで発表になってたんですね!

2-9

いつも通りのラインナップのように見えますが、
100シリーズのシングルシャフトが無くなりLSタイプが追加されました。

2-5

さて、ここで問題です。
この『LS』の文字は何の略になるでしょうか。

ポク…ポク…ポク…チーン!!

(これってシンキングタイムの効果音じゃないよなぁ)

正解は…そういえばちゃんと聞いてないや( ̄∇ ̄;)

『ライトスペック』の略で間違い無いと思います。

このLSモデルの登場、そして価格の横並びを見て、
何でだろう?と思った方もいるかもしれませんが、
今回のスリクソンのラケットは、

「ラケットのレベルではなくプレースタイルで選べる」

ラインナップになっているんですね。

今までは、100シリーズが最上位200シリーズが中上級
300シリーズが中級のようなラインナップになっていました。
これは某Y社や某M社も同じような形にしていますね。
しかし、今回のスリクソンラケットはその枠をほぼ撤廃。
100と200シリーズは形状の違う同レベル機種。という位置付け。

これは、実に面白い( ̄∇ ̄)

現時点で、あまりラインナップが多くないスリクソンだから
できるものではないかなと思います。
やろうと思えばできるでしょうけど、あえてはやらないでしょう。

その辺りの目の付け所もいいですね。

2-1

2-2


2-3

2-4

100V100S
今回はボックス形状ではありますが、ラケットの場所によって
外側が高めのボックス、内側が高めのボックス、通常のボックスを
組み合わせて、しなりと安定感をしっかり高めています。

2-6

2-7

100LS
こちらは、シャフト部とスロート部分にボックス形状を採用、
フェイス部分には丸みのあるラウンド形状を組み合わせて、
しならせてボールを乗せつつ、ラウンドの反発でスピードボールを放つ。
言ってしまえば、いいとこ取りのラケットです。

…長くなってしまったので、200シリーズは次回にしましょう。

試打ができるチャンスがあれば、レポートも公開したいですね。
ラケット選びに悩まれている方、スリクソン、良いですよ!

2-8

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄∇ ̄)ノシ

"陰に隠れてますけど出ますよ"

準備運動はしっかりと!

こんばんは★ ラフィノオッキーナ沖本です( ̄∇ ̄)/

教え子たちにウォーミングアップをやらせておいて、
自分はやらずに腰が痛くなったのはどこのどいつだ〜い?

オッキーナだよっ!!(´;ω;`)

この土日は、天候にも恵まれ、学校のクレーコートは
しっかりと練習で使用できました。
が、寒いのは冬ですから当たり前。
しっかりとアップしてからボールを打たないといけないのに、
この男ときたら、ベンチコートとヒートテック&ミートテックで
ホカホカな状態なのをいいことに、たいした準備運動もせずに
調子に乗ってボールを打ったおかげで、

腰だけじゃなく、全身痛い。

歳をとるということはこういうこと!
いや、若いからってアップをおろそかにしては後で痛い目みます。

わかってるんだったらちゃんとやれって話ですね。
はい。次回からはちゃんとやってから打ち始めます(´;ω;`)

さて、ソニックさんの陰に隠れがちではありますが、
同じ時期にミズノさんは他のラケットも発売されるんですよ。

23-1

Xyst ZEROシリーズの中学生プレーヤーにオススメのモデル。
【Xyst T-05】 【Xyst Z-05】の新色になります。

このモデルにはオッキーナも少し思い入れがありまして。
現在、中学2年生の教え子が、中学1年生の終わりの頃に
このモデルに替えまして、その年の夏の総体予選と秋の新人戦で
上位へ食い込みました。夏は1つ上の学年相手でしたが、
2年生ペアで3位まで上がったので、よく頑張ったと思います。
ラケットにもだいぶ助けられました。

しっかり振れればそれだけパワーもプラスされていい打球が飛びます。
しかし、そういう打ち方ができないと、打球の勢いが落ちます。
個人的に感じているXyst ZEROシリーズの特徴かなと思っていますが、
ごまかしが利きすぎてしまうラケットより、プレーヤーの成長を
後押ししてくれるラケットでもあります。

ハードヒッター系のプレーヤーさんにオススメですね。

そして、もう1種類発売されます。

23-2

DIシリーズの軽量モデル【DI-700】さんです。

軽量モデルですが、打球面が大きいわけじゃないので、
軽いモデルで楽に使いたいけど、しっかりコントロールされた
ボールを打ちたい方にオススメのモデルです。

本当に力がない場合は、95平方インチや100平方インチの、
デカ面ラケットの方がボールがぶっ飛んで行きますので、
そちらの方がいいですね。

ラケット買い替えの参考にしてください。

と言っても、発売は3月中旬頃なので、ちょっと先ですけどね。

それでは、今日はこの辺で。
お相手はオッキーナでした( ̄∇ ̄)ノシ

カテゴリー
Twitter プロフィール
中の人はオッキーナ(@okimoyan)です。ソフテニグッズのネットショップやってます。ソフトテニスが好きなあなた、とりあえずフォローしておくと情報が転がり込んでくるよ。質問箱もやってます→https://peing.net/soft_lafino
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場